タイトル


■社会実験の目的

<社会実験の目的>

国土交通省では、高速バス利用者の利便性向上のため、高速道路の交通結節機能の強化に取り組んでいます。
その一環として、既存のバス路線(長野⇒新宿便、前橋⇒成田空港便)を活用し、平成31年2月21日(木)~3月20日(水)の約1ヶ月間、関越自動車道高坂SA(上り)での乗り換え実験を行い、効果や本格導入に向けた課題等を確認するものです。
※2成田空港は第2ターミナル着


<期待される効果>

都心周辺の混雑を迂回するバスルートが設定可能となることから、バス利用者に対し、所要時間の短縮・定時性の確保が可能
高速バスを乗り換え、「早く」「確実」に成田空港へ